オススメのTシャツブランド「relay」の魅力

どうも、ダイナミック忍者(@dynamic_ninjya)です。

今日は、オススメのTシャツを紹介します!
(2018年9月現在 サイト閉鎖中みたいです。)










”relay”というブランドがある。

僕の小学校からの友人の旦那さん(アメリカ人)が立ち上げたブランドだ。

商品はTシャツとiPhoneケースがあり、特にTシャツがオススメ。

僕がこの“relay”(リレー)を推すのは、

「立ち上げたのが幼馴染の旦那さんだから」

でも

「勝手に(仮)専属モデルをやっているから」

でもない。

確かに友人やから信頼できるし、(仮)が取れて「正式な専属モデル」になり、ゆくゆくはファッション業界に進出してモテたい、という野望は無きにしもあらずやけど。笑

冗談はさておき、このブランドのページを見た時、何かビビッと来るものがあった。

今回は、僕がサイトを見て、実際に買って、着てみて感じた

「relayの魅力」を大きく3点紹介します。

魅力その①
「想いがある」

”relay”というブランド名の由来。

HPにはこう書かれてある。

”relay”には英語でいくつかの意味がありますが、私たちが特に重要視した意味は”情報やメッセージを中継して伝える”という部分です。


”日本には英語のロゴの入ったTシャツはたくさんありますが、ほとんどそれは間違った英語で、ネイティヴの英語圏の人にはとても不思議なもので、時にはかなり汚い言葉が使われているものもあります。”


と、正しい英語を伝えたいという熱い想いが込められている。

これを読んだ時、「つなぐ」というキーワードが頭に浮かんだ。

恐らく、拡大解釈やろうけど。。

僕にはまだ子どもはおらんし、このままできへんかも知らん。笑

でも大事なのは、「命をつなぐ」ことだけじゃなくて「想いをつなぐ」ことやと思っている。

子孫とか資産とか業績とか。

形あるものを残すことができるのは素晴らしいことやと思うけど、メッセージや想いを伝え、風を吹かせ続けることも大切な「遺産」になる。

人種とか国籍、年齢に関わらず、「想いをつなぐ」ことで、より心地よく、オモロい社会になるんかなぁ、と勝手にブランドメッセージを受け取り、共感した。

Tシャツのデザインになっている英語メッセージの意味やそこに込められた想いも、各商品のページに書かれてあるので、デザインを選ぶ参考になるのはもちろん、「ミニ英語レッスン」としても楽しめる。

そして、ネイティブが作るメッセージなのでちゃんとした英語やし、教科書では目にすることのない、リアルで最新の英語が使われている点も見逃せないポイントだろう。

↑この”Bae”という単語。このTシャツで初めてみた。
意味が気になる方は商品ページでチェック!

“relay”を着ていれば、京都や難波ですれ違う外国人に笑われる心配もないし、その「スーパークール」なメッセージで、友人やママ友から一目置かれること間違いなしである。

魅力その②
「届く楽しみを味わえる」

この商品はアメリカから1−2週間で届く。

ブランドを立ち上げた友人の旦那さんはアメリカ人なので、アメリカのプリント業者に依頼しているのだろう。

最近では、Amazonが即日配達したりとスピーディに届くのが当たり前のようになってるけど、「待つワクワク感」というのはやっぱり楽しい。

遠足が待ち遠しかったあの頃。

クリスマスを指折り数えた子ども時代。

子ども心を思い出させてくれる。

魅力その③
「ペアルックを楽しめる」

このブランドの良さは、老若男女が楽しめるという点やろう。

カテゴリーは、「ベビー」「トドラー」「ガールズ」「ボーイズ」「ママ」「パパ」と6種類に分類されていて、文字通り赤ちゃんからオッサンまで対応している。

 

カラーバリエーションも豊富で、多いものでは16色から選べるので、おじいさんやおばぁさんでも、好みの一色が見つかる。

 

全てではないけど、同じデザインのものもあるので、「親子や夫婦でペアルック」という楽しみ方ができるのも魅力だ。

僕のペアルックの思い出といえば、、、

職場の先輩(男)と売れ残ったアディダスのピンクのポロシャツを一緒に買ったこと。

と、

中学時代に最大のおしゃれやと思って、ユニクロのボーダーTを意気込んで着て出かけた時、前からそれと全く同じやつを着て歩いてくる初老のおっさんとすれ違ったこと。

ぐらいやから、“relay” で楽しい思い出を作りたい。。

また、着てみた感想としては、薄手のコットンだが決して安っぽさはなく、着心地もいいので、これからのムシムシした季節、間違いなく活躍してくれるアイテムだ。

防縮加工がされてあるらしく、何度洗濯してもフィット感が続く、というのも嬉しい。

英語の勉強にもなる、そんな“relay”のTシャツは、こちらでご覧いただけます♪
↓ ↓ ↓ ↓
relay HP

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/relaykids/
このTシャツを通じて、一つでもオモロいつながりが生まれたらええなぁ。
そして、もっとモテたいなぁ。
そう思いながら、(仮)モデル活動に勤しみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です