カッコつけてカッコ悪かった話

めっちゃ恥ずかしいことがあったダイナミック忍者(@dynamic_ninjya)です。。。

うちの最寄り駅は無人駅で、

降車する時、自動でドアが開閉しないので、

自分で「開く」ボタンを押さなければなりません。

押す、開く、降りる。

それだけのことなのですが、

いつもカッコつけて、

降りる時に、わざわざ押さなくても良い「閉まる」ボタンを押し、

閉まるドアを背に、颯爽と降車するようにしています。

それがカッコええかは置いといて。。笑

しかし、

今日、ついにやってしまったんです!

「閉まる」ボタンを押すタイミングが早すぎて、

降りきる前にドアが閉まり、挟まるという笑

しかも、僕を挟んでも、ドアは知らぬ顔で、

そのまま閉まろうとし続ける!

なんとか車外にもある「開く」ボタンでドアを開き、一命を取り留めましたが、

なんともカッコ悪い降りっぷり。。

やっぱり、カッコつけたら、逆にカッコ悪くなるなぁ、と

しみじみ思った小春日和の日曜でした。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です