子どものお年玉でビットコインを買ってみた〜毎月損益をレポート〜

こんにちは、なおとです。

子どもたちのお年玉でビットコインを買ってみました!

ぼくは5年以上ビットコインや暗号資産のことをコツコツと学んできて、「これは新しい技術革新の波が来ている!」と感じています。

そんなビットコインを、教育資金の一つとして貯めています。

ビットコインが気になっている人も多いと思うので、これから毎月25日に、2022年1月24日に買ったビットコイン5万円分がいくらになったかレポートしていきます。

「ビットコイン、買ってみようかな?」

「教育資金、銀行だけじゃ増えないよね…」

と考えている人の参考になれば幸いです。

後半では、ビットコインの買い方も解説してありますので、「これから買いたい」という方はどうぞ^^

1月に買った5万円分のビットコイン、今いくら?

2022年1月24日に、5万円分のビットコイン(0.0125BTC)を購入しました。

2ヶ月が経過した本日、2022年3月28日15時現在、5万円が、7万2177円になっています。

なんと、2ヶ月でプラス2万2177円!

 

この2ヶ月の推移はこんな感じです。

もし、元手が10万円ならプラス4万円、、

もし元手が100万ならプラス40万、、

もちろん、これから下がる可能性もありますが、長期視点の投資なのでじっくり待ちたいと思います。

いずれにせよ、銀行貯金よりは子どもの為になると考えてます。

また来月、4月25日に、いくらになったかレポートしますね〜

 

子どものお年玉でビットコインを買った理由

子どものお年玉でビットコインを買った理由は、「教育資金にするため」です。

もちろん、ビットコインの価格が下がるというリスクはあります。

ただ、日本円で貯金していても、利息がつくどころかATM手数料でマイナスになったりするのが現実で、子どもたちの教育資金を考えた時、分散投資する意味でも「ビットコインはアリだな」となりました。

「アリだな」というよりも、むしろ僕は「ビットコインにしている方が、子どもたちのためになる」と考えています。これは妻も同じ見解です。

先日、ビットコインの基礎をザックリまとめるブログ「超入門!ビットコインをやさしく解説してみました」を書いていて、「やはりビットコインは手堅いな」と確信しました。

ブログを読んでくれた義理のお兄さんが、

「ビットコインって、なんか中国の怪しいやつだと思ってたけど、全然違うねんなぁ。勉強になったわ」

と言ってくれ、昔はぼくも「ビットコイン?何それ?怪しいな」ってなってたことを思い出しました。あの頃は、ビットコインが500円とか少額でも買えることすら知りませんでしたし。

でも、ちゃんと技術的な背景や海外での評価を知ると、「あの時、買っておけば良かった!(涙)」ってなるんですよねw

3年前の2019年1月25日は、約40万円ですからね。あれから10倍です。

当時10万円買っていれば100万円、100万円なら1000万円。。。

ちなみにぼくは、2019年の年末に、1万円分ビットコインを買い、4倍くらいになりました。あの時も、もっと買っていれば、、、笑

まぁ過ぎたことを言っても仕方ないので、ぼくはこれから先、「あの時、買っておけば」と思わないように、無理のない範囲で、夫婦で相談しつつビットコインにも投資していこうと思っています。

特に、教育資金と考えた場合、我が家だと長男が大学生になるのは15年ほど先です。その頃に、ビットコインが今よりも値下がりしている未来は、全く見えません。

ビットコインの入門記事でも触れましたが、将来的な価格予測として、1ビットコインは4000万円になると言われています。

2022年1月24日現在、約400万円なので10倍です。今回投入した5万円が、10倍の50万円になれば、息子も短期留学くらいはできるはず。

もちろん、投資は自己責任です。0円になる可能性も無くはありません。でもそれは、日本円でも同じことだと思うわけです。

ビットコインを買うだけでは税金もかからない(日本円に戻したりしたら課税対象)ので、10年後に税制も整っていることを祈りつつの投資です。

「ビットコイン買ってみようかな」と思った方は、下に「ビットコインの買い方」を手順に沿って解説しておきましたので、参考までにどうぞ^^

テレビCMでもおなじみの「コインチェック」を使う方法を紹介しています。

bitFlyerでもDMMでもいいのですが、この記事のリンクからコインチェックに登録してもらえると、ぼくに広告報酬が入るようになっているので、もしビットコインを買う場合は、このブログから飛んでもらえると、めっちゃ嬉しいです😊

登録する人には何のデメリットもありませんが、「なおとにお金が入るのはイヤだ!」という方は、Googleなどのリンクから登録してくださいませ^ ^

 

コインチェックで無料口座開設する方法

ここからは、ビットコインの買い方について書いてみます。

実際にぼくが子どものお年玉を運用している国内取引所の「コインチェック」で口座をつくって、ビットコインを買うまでの流れをひとつずつ丁寧に解説します。

なお、口座開設は無料、面倒な郵送も不要です^^

コインチェックの無料口座開設はこちら

コインチェックで口座をつくる大まかな手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスを登録
  2. 基本情報(住所など)の登録
  3. 本人確認書類の提出

という感じで、ネットだけで完結します。

まず、コインチェックの公式ページにアクセスして、「会員登録」をクリックします。

 

次に「メールアドレス」を入力し、パスワードを設定します。

入力できたら「私はロボットではありません」にチェックをして「会員登録」をクリック。

 

登録したメールアドレスにコインチェックからメールが届くので、そこに記載されたURLをクリックすることで、会員登録は完了です。

続いて、コインチェックのページに戻り、右上の「ログイン」より、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

 

ログインできると、下のような画面が表示されます。

「各種重要事項を確認する」をクリックします。

 

全てにチェックを入れ、「同意、承認してサービスを利用する」をクリックします。

 

続いて、「電話番号認証」が表示されます。

携帯番号を入力して、「SMSを送信」をクリックすると、SMSに6桁の番号が届きます。

 

SMSに届いた6桁を入力し、「認証」をクリックします。

 

 

その後は、基本情報の入力です。

氏名、生年月日などを入力。

 

 

 

職業などを入力し終えたら、「外国PEPsに該当しない」を選択して、「確認」です。

 

基本情報の入力が完了したら、本人確認書類(運転免許証など)の提出です。

パソコンにカメラがついている場合はそのまま撮影でOKです。

スマホで撮影したものをパソコンに送ってアップロードでも可。

詳しい撮影の方法は、随時、写真つきで説明が出てきますので、その通りに進めましょう^^

本人確認書類の確認が終われば、コインチェックでの取引がはじめられます。

手続きの混雑具合によっては、確認完了までに数日かかることもありますので、気長にお待ちくださいませ。

あと、2段階認証は設定しておいた方がいいので、本人確認完了後、以下コインチェックのヘルプページを参照しながら設定しておいてくださいね。

コインチェック:2段階認証の設定方法

 

コインチェックでビットコインを買う方法

本人確認が完了したら、取引可能になります。

まず、日本円をコインチェックに入金します。

コインチェックのサイト右上の「ログイン」→「取引アカウント」をクリック。

 

登録したメールアドレスで、ログインします。

 

左側のメニューにある「日本円の入金」をクリックします。

 

すると「入金先」の振込口座が表示されます。

振込先は、「GMOあおぞらネット銀行」もしくは「住信SBIネット銀行」のいずれかとなります。どちらでも、ご自身の銀行口座からの振込手数料が安い方をお選びください。

住信SBIネット銀行を選ぶ場合、振込人名義を「ユーザーID 登録カタカナ名」(IDと名前の間にスペースが必要)にする必要があるので注意してくださいね。

口座番号なども、お間違いなきよう^^

 

無事、振込が完了したら、ホーム画面左上、「総資産」の部分に反映されます。

 

続いて、入金した日本円でビットコインを買います!

ビットコインを買う方法は、「取引所」と「販売所」の2種類あります。

販売所の方が、かんたんに買えますが手数料がかかります。

ここでは、手数料のかからない取引所で買う方法を解説します。

 

コインチェックのホーム画面、「現物取引」の右側が「BTC(ビットコイン)」になっていることを確認します。

次に「レート」に、「ビットコインがいくらになったら買うか?」を入力します。

「概算」には、「日本円いくら分を買うか?」を入力します。

すると「注文量」は自動で入力されます。

下の画像だと、「ビットコインが400万円」になったら「5万円分買う」ということです。

「注文する」が緑色になっていることを確認して、「注文する」をクリックします。(注:赤色は売る時に使います)

 

 

注文した価格で誰かがビットコインを売りに出した場合、売買成立となります。

無事、ぼくも買えました!

 

取引所での買い方が「ちょっとややこしくて分からない」という人は、販売所で買う選択肢もあります。

手数料(0.5〜5%)はかかってしまいますが、こっちだと確実に買うことができます。

左メニューから「販売所」を選択し、「数量」のところに買いたいビットコインの数量を入力すると「合計」が自動計算されます。

なお、販売所ページに移動した際、手持ちの日本円分が自動で入力されます。

レートは自動で変わっていきますので、買いたい金額になるように、ビットコインの数量を調整し、「購入する」をクリックすると購入完了となります。

 

以上がビットコインの買い方となります。

 

不明点などあれば、ぼくのツイッターにDMいただければ、出来るだけ回答できるようにします。

知り合いの方は直接説明することもできますので、お気軽に連絡くださいませ^^

 

コインチェックの無料口座開設はこちらから

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です