CNPが電車になりました!!

いま話題のNFTプロジェクト「CNP(クリプトニンジャパートナーズ)」が電車になりました!

大阪南部のローカル線「水間鉄道」のヘッドマークになり、実際に線路を走っています。

「子どもに人気が出そう!」

「これは、見に行きたい!!」

「電車✖️NFTって、世界初じゃね!?」

という声も続出。

この記事では、CNP電車の詳細と、そこに込めたぼくの想いをサクッと紹介します^^

追記(6/21):運行予定日とパネルの完成画像を書き足しました。

CNP電車の詳細

CNP電車のヘッドマークが完成しました!

まだ電車には装着されていませんが、スゴい!!

これが実際の線路を走行すると思うと、ワクワクが止まりません!ちなみに、このヘッドマークは、NFTの先生として有名なデザイナーのおもちさんによるデザインです。さすがのクオリティ!

このヘッドマークを着用した電車が、下記の期間、大阪府南部のローカル線「水間鉄道」にて、実際に線路を走行しています。

動画はこちら

 

走行期間は、6月27日(月)から7月4日(月)です。

日程 運行/運休
6月27日(月) 運行
6月28日(火) 運行
6月29日(水) 水間観音駅にて待機
6月30日(木) 点検のため運休
7月1日(金) 運行
7月2日(土) 運行
7月3日(日) 運行
7月4日(月) 運行

 

水間鉄道は単線のため、2つの車両で運行しております。片道およそ20分の区間をピストン走行しているので、始発駅の貝塚駅で約40分待てば一度は見られると思います。

なお、車両トラブルなどにより、急な運休の可能性も考えられますので、その際はご容赦くださいませ🙇‍♂️

 

CNPをサクッと解説

「CNPって、なんやねん?」という方に、サクッと解説しておくと…

「CNP(クリプトニンジャパートナーズ)」は、日本を代表するNFTプロジェクト。

22,222枚のNFTが発行され、一瞬で完売。

日本で一番盛り上がっているDAOである「Ninja DAO(後述します)」から生まれたプロジェクトです。

NFTの価格に関しては、スタート時は1枚およそ250円(0.001ETH)だったのが、発売からおよそ1ヶ月で0.8ETHを超え、約800倍の快進撃。OpenseaというNFTのグローバルマーケットでも、一時的に世界10位を記録するほど、世界でも注目されています。

「初めてのNFT」として購入する日本人も多く、今後さまざまな企画が予定されており、認知はさらに拡大していくと思われます。

なんと言っても、まだスタートして1ヶ月ですからね^^

ぼく自身も、少し盛り上がってきた頃にこちらのCNPを購入。

約2万円の時に購入したので、それでもだいたい4倍になってます。約5万円の含み益です。嬉しい。

 

CNPを電車にした3つの理由

ぼくがCNPを電車にしようと思った理由を簡単に書いてみます。

それは…

  1. おもしろそうだから
  2. イケハヤさんにお世話になったから
  3. 盛り上がると、ぼくにもメリットがあるから

です。

まず、一番大きな理由が「おもしろそうだから」です。

単純に新しいコトが好きで、子育て主夫として生活しながら、NFTを買ってみたり、仮想通貨にどっぷり浸かっています。

自分でもNFTコレクションをつくり、「育児をラクにする」コミュニティ運営にも挑戦、試行錯誤しています。「育児で悩む人を減らしたい」「子どもの笑顔を増やしたい」という想いで活動しており、NFTの活用も模索しているので、気軽に参加して一緒に盛り上げてもらえると嬉しいです。

ぼくが運営する子育てコミュニティ(Discord)

もとい、そんな中、CNPと出会い、実際に買ってみました。以前から入っていた「Ninja DAO」のコミュニティで、他のメンバーさんたちが盛り上がってるのに触発され、「ぼくも何かやりたいなぁ」と思っていたところ、「そう言えば、近所のローカル線がヘッドマーク募集してたな!」と思い出して、エイヤで動きました。

こんな感じで、「Ninja DAO」という革命に参加できるのが、めちゃくちゃ面白いのです。

「Ninja DAO」は、メンバー数3万人を超えるコミュニティ。

コミュニティ内では…

  • オリジナルキャラ「CryptoNinja」の2次創作活動
  • 暗号通貨の基礎が学べる無料講座
  • メタバースを活用した教育事業

などなど、様々な活動が自然発生的に行われています。

上で紹介したCNPのNFTを持っている人だけが閲覧できるグループもあり、そこでは「最先端ビジネスのリアルが学べる」という声も多く、NFTを所有する大きなインセンティブとなっています。

そして、この「Ninja DAO」の革命的なポイントの1つは、なんと言っても、著作権フリーなところです。「CryptoNinja」のキャラクターを自由に2次利用できるんですよ。

「CryptoNinja」は、こんな感じの忍者たち。

普通、いくら応援してるキャラでも、ワンピースのルフィとかポケモンのピカチュウを近所の電車のヘッドマークにして走らせることは出来ませんよね。

CryptoNinjaは、そういうのもOKなんです。もちろん、著しくイメージを損ねる使い方はダメですが。

今回のCNP電車は商用利用ではありませんが、「CryptoNinja(クリプト忍者)」のキャラを2次創作して稼ぐのもOKなのです。

これ、めちゃくちゃ革命的なことですよね。

キャラを活かして、面白い創作が出来るクリエイターさんたちが稼ぎやすくなる仕組み。しかも、DAO内で別のスキルを持った仲間とプロジェクトを組んだりも出来るという。

このCNPも実はそんなプロジェクトの一つで、おおもとのクリプト忍者にサブキャラ的に登場する動物たちを活かしたプロジェクト。

 

2つ目の理由「イケハヤさんにお世話になったから」です。CNPのマーケティング担当であるイケハヤさんには本当に救われました。

子育て主夫としての日々が大変で、全然ブログやYouTubeが上手くいっていない時、イケハヤさんがTwitterのスポンサーになってくれ、なんとか銀行残高がゼロになるのを防ぐことができましたw

ぼくをクリプトの世界にいざなってくれたのも、イケハヤさんの無料メルマガ「DeFi講座」です。

イケハヤさんに、少しでも貢献できれば、という思いもあります。

 

最後に、「CNPが盛り上がれば、ぼくにもメリットある」について。

CNPが盛り上がって、NFTの価格が上がれば、ホルダーであるぼくは資産が増える、という構図です。

この「ホルダーが楽しんで盛り上げる」→「NFT価格が上がる」→「もっと楽しくしていこう」という、好循環がNFTプロジェクトの醍醐味の一つです。

上でも少し触れましたが、これからNinja DAO発で、ドンドン新しいプロジェクトが出てきます。

「仕事」をコンセプトにした「CNPJ(クリプトニンジャパートナーズ ジョブズ)」

 

「NFT初心者応援」がテーマの、「CNPR(クリプトニンジャパートナーズ ルーキーズ)」などのNFTプロジェクト。

 

それだけではなく、「CryptonNinja Party!(クリプト忍者パーティ)」というゲームにもなります。

 

このように色んな方面で盛り上がったり、ぼくみたいにノリでリアルと融合させて遊ぶ人が増えると、どんどんCNPの露出も増え、今はクリプトに興味がない人たちにも認知されるようになってきます。

CNPの価格が上がることはもちろん嬉しいけど、多くの人がクリプトに興味を持って、「もっと自由でいいんだ」とか「気の合う人って、結構いるかも」と思えたらいいな、と思っています。

ぼく自身、長いことウツで引きこもっていたので、クリプト、そしてNinja DAOが現代の閉塞感を少しでも解放してくれることに期待しつつ、自分も小さな行動を積み上げていこうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です