忍者のよろず屋「LINEスタンプ作成チームに入る」の巻

こんにちは!

子育て主夫のダイナミック忍者(@dynamic_ninjya)です。

「忍者のよろず屋」にカナダからのご依頼が!

今回は、LINEスタンプ作成チームが結成され、ぼくは「イラストのデータ化&申請作業」を担当しました。

ダイナミック忍者って何者?
と思われた方は、プロフィールページをご覧ください^^

カナダからのご依頼

今回ご依頼頂いたのは、カナダでトレッキングガイドとして活躍するロッキーこと田中康一さん(@tnk51canmore

ロッキーからは、ありがたいことに2つもお仕事ご依頼を頂いております。

  1. 「オフ会ムービーの撮影&編集」
  2. 「LINEスタンプのデータ化&申請」

「オフ会ムービーの編集作業」は現在進行中で、あらかたの編集を終え、あとは微調整とテロップ入れを行い、年内の完成を目指しております。

LINEスタンプに関しては、本日LINEへの審査申請が完了し、あとは審査結果を待つのみとなりました。

 

チーム編成

今回のLINE作成チームの編成はこちら。

<総監督> ロッキー
<イラスト> タケトウ
<データ化> 忍者

ロッキーと忍者に挟まれて、武藤(タケトウ)さんがアニメのキャラみたいになってますね。笑

 

「エロかっこいい男」ロッキー

依頼主でもあるロッキーは、ツイッターで「#エロッキー」という独自のハッシュタグを使い、エロい一面も出していますが、めちゃくちゃアツい人。

それでいて暑苦しくなく、めっちゃ人の表情や心を見てるし、すごく相手に合わせてくれる物腰の柔らかい、エロかっこいい人なのです。

これは今ぼくが作成しているムービー(近日公開)を観ていただければ、よくわかると思いますのでお楽しみに!

ちらっとオープニングだけ公開してます。

 

ニャンジャ
楽しみだニャ〜

 

「ポップクイーン」タケトウ

「ポップクイーン」というアイスクリームみたいなネーミング(勝手にぼくが付けました)ですが、タケトウさん(@yayoimama32が描くPOP(ポップ)を見ていただければ、その意味がわかると思います。

 

石川県にある靴屋「スカルぺ21(野々市市イオン御経塚店)」で働く彼女のイラストは、「カワイイ」とツイッターでも評判。

今回も、その力を存分に発揮しながら、お仕事と主婦業の合間にめちゃくちゃカワイイキャラクター「カエデちゃん」のイラストを次々と生み出してくれました。

一例を挙げると、こんな感じです。

 

カワイイでしょ。

ぼくは特に右下の格好がタイプです。

ニャンジャ
ボクもタイプだニャ。

ツイッターで繋がった、面識のない3人がタッグを組み、LINEスタンプの作成に取りかかりました。

 

ぼくの役割

先日、仕上がったイラスト32点。

それらをスマホで写真に撮って、タケトウさんから送ってもらいました。

イラスト作成の過程は、タケトウさんのブログが分かりやすいのでご覧ください^^

 

 

「手描きでLINEスタンプを作る方法」は別の記事で詳しく書きますが、今日はサクッと流れを書いてみます。

①背景を透明化

送られてきた写真を、スマホに取り込み背景を透明化します。

使うのは無料アプリ「Photo Layers」

合成写真 PhotoLayers

合成写真 PhotoLayers
開発元:handyCloset Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

セリフ文字の隙間も、くまなく透明化。

画数の多い漢字の隙間を狙う瞬間は、スナイパーになった気分です。

 

ニャンジャ
細かい作業だニャ!

 

②画像をカットする

LINEスタンプには規定のサイズがあります。

  • メイン画像(240 x 240)
  • タブ画像(96 x 74)
  • スタンプ画像(最大370 x 320)

最終的にこのサイズ比になるように、縦横比を設定して画像をカットします。

LINEスタンプにするには多少の余白も必要なので、それも加味してカットしていきます。

 

使用アプリは「Ever Clipper」(無料)

EverClipper - 写真/画像を簡単リサイズ

EverClipper – 写真/画像を簡単リサイズ
開発元:Koichi Otera
無料
posted withアプリーチ

 

③画像を縮小

上で紹介した規定サイズになるように、カットした画像を縮小していきます。

こちらも無料アプリでできます。

バッチリサイズ2 - 複数の写真/画像をまとめてリサイズ

バッチリサイズ2 – 複数の写真/画像をまとめてリサイズ
開発元:Koichi Otera
無料
posted withアプリーチ

 

④シュミレーターでチェック

LINEスタンプシュミレーターというサイトで、LINEのトーク画面ではどう表示されるかチェックします。

ここできちんと透明化できていない箇所が見つかることもあります。

その場合は、作業①に戻ってやり直します。今回も何点かありました。笑

 

⑤LINEへの申請手続き

細かい内容はここでは割愛しますが、出来上がったデータをアップロードして、もろもろ設定して申請します。

うまく審査に通れば、だいたい2週間ほどで販売開始となります。

ここでは、依頼主のLINEアカウントを利用してログインするため、個人情報の取り扱いがポイントです。

 

ニャンジャ
ボクのスタンプもこうやって作られたんだニャ。もぐもぐ。。

 

まとめ

こうやって短期チームで臨む仕事も面白いなぁと思いました。

しかも、カナダ、石川、大阪という遠隔で。

しかも、一回も会ったことない人たちが。

ロッキーが常日頃から「#カナダは遥か彼方じゃない」というハッシュタグで発信に込めている想いを実感することができました。

 

やり取りはLINEで行ったのですが、お二人とも話が早い。作業も速い。

一緒にやってて気持ち良かったので、別の機会があればまたチームを組みたいです。

次回は、色んなパンツ32種類の パンツスタンプもありですね〜

ニャンジャ
パンツシリーズ楽しみだニャ〜

 

以上、エロティック忍者でした。

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です